会社経営のポイントやコツを紹介!「「クレジットカード納付よりバーコード納付書がお得?」」

あんしん合同会計〜船橋・松戸・柏を中心に活動している会計事務所,税理士事務所 千葉京葉 事務所 047-434-3939 船橋市湊町2丁目6−31グランシティ船橋2F
千葉東葛ミーティングセンター 047-347-5329 千葉県松戸市新松戸1丁目159−1
沖縄事務所 098-867-9559 沖縄県那覇市おもろまち4丁目2−27
会計・税務情報 トピックス一覧

DATE:2019.04.22

クレジットカード納付よりバーコード納付書がお得?



■クレジットカード納付には手数料がかかる
 
 確定申告期限も過ぎ、振替納付を選択していらっしゃる方の中には「口座の預金状況は大丈夫かな」という方も居るのではないでしょうか。最近ではe-Taxによる操作で預貯金口座から振替できる「ダイレクト納付」や「インターネットバンキング」等でも各種税金が納付可能となり、税金面でもICTの普及が感じられるようになりました。クレジットカード納付も、国税では平成29年からできるようになった納付方法で、クレジットカード会社によってはポイントも溜まりますが、残念ながら支払い手数料もかかるため、それほどお得感はありませんでした。


■一部で注目される地方税のコンビニ納付

 「少しでもお得に暮らしたい! ポイントが欲しい!」という節約好きが注目しているのが、コンビニ納付ができるバーコード付納付書です。平成20年から始まったバーコード付納付書は、税務署や地方自治体等、税を納付すべき機関に依頼すれば印刷してくれるのですが、ここで注目すべきはセブン&アイ系列で利用できる電子マネー「nanaco(ナナコ)」です。
 バーコード納付の地方税等の支払いにこのnanacoが利用できます。バーコード付納付書での納付については、手数料がかかりません。なお、国税に関しては「電子マネーはご利用できません」となっているので、現状納付可能なのは地方税のみです。


■上限ありだが、わずかながらお得?
 
 nanacoカードに電子マネーをチャージする際に特定のクレジットカードならポイントが付きます(ポイントが付かないカードが多いので注意しましょう)。このnanacoカードで税金を納付すれば手数料はゼロ、ポイント分はそのまま貰えるということになります。ちょっとお得です。
 ただし、バーコード納付書は1枚につき納税額30万円までが上限(分割作成はケースバイケースでしてもらえます)なのに加え、nanacoクレジットチャージはひと月15回・1日3回まで、1回の上限は3万円、利用金額は月20万円まで、nanacoカード自体のチャージ上限は5万円、という制約があります。手間等を考えると、ちょっとした固定資産税や、住民税を4期に分けて支払う方等、使いどころは限られてくるでしょうね。

トピックス一覧
お問い合わせフォーム

あんしん合同会計は、
「経営革新等支援機関」
として認定されています

001 認定証
 
トピックス  :  サービス内容 : セミナー・個別無料相談会情報 : クライアントの声 : 会員様専用ページ
ホーム : プライバシーポリシー : リンク : サイトマップ : お問い合わせ
Copyrights(c) 2007.Anshin Godo Accounting Office. All Rights Reserved.